• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 四方八方へ目を配ってにらみをきかせること。

  1. 画像などの目がどの方向から見てもにらんでいるように見えること。また、そのような画像。