• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

日光例幣使街道の八木宿(栃木県足利 (あしかが) 市)を中心に栃木・群馬・埼玉3県境一帯で行われる民謡。七・七調の口説 (くど) き形式の盆踊り歌で、酒だる・笛・鉦 (かね) などの伴奏で歌う。明治後期、堀込源太が歌い広めたので、源太節ともよばれた。