• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代の大道芸の一。8個の鉦を首から下げたり、腰の回りにつけたりして、ぐるぐる回りながら丁字形の撞木 (しゅもく) で打ち鳴らすもの。東海道の金谷・掛川付近で文化年間(1804~1818)まで行われた。八挺鉦 (はっちょうがね) 。