• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

結い目を幾段にもして厳重に結ぶこと。また、そのもの。

「大君の御子 (みこ) の柴垣 (しばかき) ―しまり廻 (もとほ) し」〈・下・歌謡〉