• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

幾重にも重なり合っている山々。

「足柄の―越えていましなば誰をか君と見つつ偲 (しの) はむ」〈・四四四〇〉