1. 八重咲きのサトザクラヤマザクラから変化したもので、桜の中では遅く開花し、花色は白・紅・緑黄など。ぼたんざくら。 春》「奈良七重七堂伽藍―/芭蕉

  1. 女房装束で、五衣 (いつつぎぬ) に桜色を用いること。

    1. 「女院よりの御装束は、―をえもいはず匂はせ給へり」〈栄花・若水〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫