• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

神を拝するとき、かしわ手を八度打つこと。また、その所作。重要な祭式に用いた。現在も伊勢神宮では行われている。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉