• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「よ(四)」の母音交替形としてその倍数を表したもの》

  1. はち。やっつ。声を出してかぞえるときの語。やあ。「いつ、むう、なな、―」

  1. はち。やっつ。多く、名詞の上に付けて用いる。「七転び―起き」

  1. 名詞の上に付けて、数量が多いことを表す。「―重咲きの花」「―雲たつ」