• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代に官が行った出挙。租として納められた官稲を春に貸し付けて、秋の収穫後に3~5割の利息を付けて返させたもの。元来は勧農と救貧のための制度であったが、実際は強制的な一種の税として諸国農民の負担となった。→私出挙 (しすいこ) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉