《「もうちきみ」とも》「まえつぎみ」の音変化。

「―たち歌 (うたよみ) して曰 (い) はく」〈崇神紀〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫