• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 公家間に伝わった訓読法。

  1. (「公家訓み」と書く)古来からの漢字の音訓以外に、日本人の名に使われる漢字の自由な読み。名乗りとして辞書に出ている読み。「成(音:セイ・ジョウ、訓:なる・なす・なり)」を「あき・あきら・おさむ・さだ・さだむ・しげ・しげる・のり・はかる・ひで・ひら・ふさ・まさ・みち・よし」などと読む類。