• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「くでん」とも》

  1. 律令制で、国家に所有権があると考えられた田地。

  1. 律令制で、1から口分田位田職田などを分けたあとの残った田地。農民に賃租させて国家が収益をあげた。乗田。⇔私田

  1. 荘園などで、土地台帳に登録され、租税を納めている田地。

  1. 中国、代に行われたとされる土地制度、井田法 (せいでんほう) で、正方形の土地を縦横3列ずつに井の字形に区切った場合、その中央にある公有の田。その周囲の私田を耕す八家の者が交替でこれを耕して、その収穫を租税とした。