• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

公益を目的とする事業を行う法人。不特定多数の人の利益を実現することを目的として、学術・技芸・慈善などの公益に関する事業を行う、公益社団法人および公益財団法人のことを指す。広義に、学校法人社会福祉法人宗教法人医療法人更生保護法人特定非営利活動法人を含めていうことがある。⇔営利法人

[補説]平成20年(2008)の公益法人制度改革以前は、公益に関する事業を行い、営利を目的とせず、主務官庁の許可を得て設立された社団法人財団法人を公益法人と呼んだ。