《「大宅 (おおやけ) (大きな家)」の意から、皇居・天皇・朝廷、さらに公共の意に転じた語》

[名]
  1. 政府。官庁。また、国家。「公の機関」「公の費用」

  1. 個人の立場を離れて全体にかかわること。社会。公共。世間。「公のために尽くす」⇔私 (わたくし) 

  1. 表だつこと。表ざた。「公の場に持ち出す」「事件が公になる」

  1. 天皇。皇后。または中宮。

    1. 「おほかたの御心ざま広う、まことの―とおはしまし」〈栄花・月の宴〉

  1. 朝廷。

    1. 「―の宮仕へしければ」〈伊勢・八五〉

[名・形動ナリ]ものの見方・扱い方などが偏っていないこと。また、そのさま。公平。公正。
    1. 「詞うるはしく、論―なり」〈難波物語〉