• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

釈迦在世時の中インドの代表的な六人の思想家。仏教側からの称。道徳否定の富蘭那迦葉 (ふらんなかしょう) (プーラナ=カッサバ)、決定論の末伽梨拘舎梨 (まかりくしゃり) (マッカリ=ゴーサーラ)、懐疑論の刪闍耶毘羅胝子 (さんじゃやびらていし) (サンジャヤ=ベーラッティプッタ)、快楽主義唯物論の阿耆多翅舎欽婆羅 (あぎたきしゃきんばら) (アジタ=ケーサカンバラ)、因果否定論の迦羅鳩駄迦旃延 (からくだかせんねん) (パクダ=カッチャーヤナ)、ジャイナ教開祖の尼乾陀若提子 (にけんだにゃだいし) (ニガンタ=ナータプッタまたはマハービーラ)をいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉