• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安末期から鎌倉初期にかけて栄えた和歌の家系。京都六条烏丸に住んだ藤原顕季 (ふじわらのあきすえ) を祖とし、顕輔 (あきすけ) 清輔顕昭 (けんしょう) などすぐれた歌人・歌学者を出した。趣向を重んじる歌風で、藤原俊成定家御子左 (みこひだり) 家と対立したが、南北朝時代に断絶。源経信俊頼の六条源家 (げんけ) と区別するため、六条藤家 (とうけ) ともいう。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉