• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 浄瑠璃の六段目。特に「仮名手本忠臣蔵」の六段目の「勘平切腹」の段。

  1. 古浄瑠璃は六段で完結したところから》おしまいであること。最後。終末。終結。

    1. 「それ知られたら―だ」〈伎・一寸徳兵衛〉