• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

朝鮮半島の非核化を実現し、北東アジア地域の平和と安定を維持するために、日本・米国・韓国・中国・ロシア・北朝鮮の関係6か国が行う会合。北朝鮮の核開発問題を対話により平和的に解決することが主な目的。2003年6月の米中朝三者協議の後、同年8月に日本・韓国・ロシアが加わって六者協議となり、以後、断続的に開催されている。六者会合。六か国協議。

[補説]北朝鮮は1980年代にプルトニウムを生産可能な黒鉛減速炉を寧辺 (ヨンビョン) に建造。1992年のIAEA(国際原子力機関)による核査察で核兵器開発疑惑が表面化すると、NPT(核不拡散条約)およびIAEAからの脱退を表明するなどしたため、緊張感が高まった。北朝鮮が核開発を凍結する見返りに、軍事転用が困難とされる軽水炉への転換を米韓日などが支援することで合意が成立。1995年にKEDO (ケド) (朝鮮半島エネルギー開発機構)が発足した。しかし、北朝鮮は2002年に核開発計画の存在を認め、翌2003年にNPTから正式に脱退。危機が再燃したことから、米中朝三者協議が開催され、六者協議に発展。2005年の六者協議で北朝鮮は核放棄を約束したが、その後もミサイル発射実験、核実験の実施、六者協議への参加拒否・離脱表明など、瀬戸際外交を繰り返している。なお、日本は北朝鮮の核開発放棄に加え、同国による拉致問題など人権問題の解決に向けての取り組みについても6者協議の場で提起している。