六角形の仏堂。
《本堂が六角形であるところから》京都市中京区にある頂法寺の通称。
北茨城市の五浦 (いづら) 海岸にある堂。岡倉天心が明治38年(1905)に設計したもの。平成23年(2011)の東日本大震災で津波に流され消失。翌年再建。