• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

佐賀県南部を流れ有明海に注ぐ川。長崎県との県境にある神六 (じんろく) 山(標高447メートル)南斜面に源を発してほぼ東流し、武雄盆地で支流を集め、白石 (しろいし) 平野でさらに東流して河口近くで牛津川を合流する。長さ約45キロ。河口に広大な干潟を形成している。河口付近の大潮時の干満差は約6メートルにもなる。

[地理/日本地名/九州]カテゴリの言葉