• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ある要因による変動を集団間で比較する際に、他の要因による影響を取り除いて比較する手法。分散分析回帰分析を組み合わせたもの。

[補説]例えば、喫煙者と非喫煙者のグループで年間医療費を比較する際に、両グループの平均年齢に差がある場合、まず、各グループで年齢に対する医療費の回帰式を求め、回帰係数回帰直線の傾き)が等しい(つまり、医療費に対する年齢の影響について両グループで有意な差はない)とみなせることを確認する。そのうえで、両グループの回帰直線のy切片(y軸との交点)を比較することで、両グループ間の医療費に有意な差があるか調べる。