• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

共存共栄の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

二つ以上のものが互いに敵対することなく助け合って生存し、ともに栄えること。▽「共存」は二つ以上のものが敵対することなく、生存したり存在したりすること。「共栄」はともに栄えること。「存」は「そん」とも読む。
句例
長く共存共栄する
用例
関東軍の石原莞爾かんじ参謀たちは、これを植民地としてでなく、日本人をふくめたアジア諸民族の共存共栄の楽土にするという意気ごみであった。<城山三郎・落日燃ゆ>
対義語
弱肉強食じゃくにくきょうしょく
活用形
〈―スル〉

共存共栄の解説 - 学研 四字熟語辞典

互いに助け合ってともに生存し、ともに繁栄すること。
注記
「共存」は、二つ以上のものが敵対することなく、ともに生存・存在すること。「共栄」は、ともに栄えること。「共存」は、「きょうそん」とも読む。
対義語
弱肉強食じゃくにくきょうしょく

共存共栄の解説 - 小学館 大辞泉

[名](スル)二つ以上のものが、争うことなく、ともに生き、ともに栄えること。
「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。