• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 取り立てていうこともない。なんということもない。

    1. 「―・けれど、世の中の物語などしつつ」〈・蜻蛉〉

  1. 特定のこととは限らず、何事につけても。

    1. 「堀川相国は、美男のたのしき人にて、―・く過差を好み給ひけり」〈徒然・九九〉