• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[接]

  1. 前述の事柄を受けて、それと相反する事柄を導く。それなのに。それにもかかわらず。「彼は、やせていて、其の癖大飯食らいだ」

  1. そのうえ。

    1. 「わしも仲間の太々講 (だいだいこう) で、―講親といふものだから」〈滑・膝栗毛・五〉