[連体]《代名詞「」+格助詞「」から》
  1. 空間的、心理的に聞き手に近い人や物をさす。「―男は何者だ」「―服はどこで買いましたか」

  1. 聞き手が当面している事柄や場面をさす。今の。「―仕事が終わったら、次を頼むよ」「―調子で進めてください」

  1. 現在、話に出ている、または、話に出たばかりの事柄をさす。「―日はとても暑かった」「―話はもうやめよう」

  1. 全体をいくつかに分けた中の、ある部分をさす。「―一、―二」

[感]すらすら言えないときなどに、つなぎに発する語。「まあ、―、何て言うか」「ほら、―、例の件ですが」

出典:青空文庫