• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「なり」を助動詞「なり」ととって「けり」を添えたもの》そのままになってしまうこと。それきり。それなり。

「舌喰ひ切る所存見えし時、縄ほどきて―に済みぬ」〈浮・諸艶大鑑・一〉