• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[連語]《「しき」は副助詞》その程度。それくらい。「わずか」「たった」のような軽んずる気持ちを言外に含む。「其れ式のことに驚くな」