• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](あとに打消しの語を伴って用いる)それどころ。
    1. 「娘は―で無いから頻りに迫る」〈風葉青春

[代]中称の指示代名詞。
  1. どこそこの所。

    1. 「―ともなくいみじく苦しくし給ひて」〈・若菜下〉

  1. そのところ。その点。

    1. 「―はあなたのお取持故、お取結びにならぬと申す事もござりますまいが」〈伎・四十七石忠矢計〉