石川県金沢市にある池泉回遊式庭園。加賀藩主前田侯の庭として延宝年間(1673~1681)ころ造られ、文政年間(1818~1830)に補修。宏大 (こうだい) 幽邃 (ゆうすい) ・人力・蒼古 (そうこ) ・水泉・眺望の六勝を兼ね備えることから名づけられた。岡山の後楽園、水戸の偕楽園 (かいらくえん) とともに日本三名園の一。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉