• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

兼愛無私の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

自他の区別なく、広く人を愛して区別がないこと。中国戦国時代の墨子の思想。▽「兼愛けんあいわたくしし」と訓読する。
出典
『荘子そうじ』天道てんどう
類語
一視同仁いっしどうじん 一視之仁いっしのじん 怨親平等おんしんびょうどう

兼愛無私の解説 - 学研 四字熟語辞典

人々をだれもまったく同じように愛すること。
注記
「兼」は、自他を区別しないこと。「兼愛」は、人々をだれもまったく同じように愛すること。博愛と同意。「無私」は、私心や私欲がないこと。中国戦国時代の思想家、墨子ぼくしが唱えた説で、儒教の「仁」は差別愛だと否定したもの。「兼愛けんあい(にして)私わたくし無し」と読み下す。
出典
『荘子そうじ』天道てんどう
類語
一視同仁いっしどうじん

キーワード[愛]の四字熟語

キーワード[公平/不公平]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。