• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「論語」顔淵から》自分の良心に照らしてみて、少しも恥ずかしいところがない。