• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 内側に向けること、または、向いていること。

  1. 国際社会に出て行く意欲がなく、国内での生活に安住すること。それぞれの属する社会内部にだけ目を向けていること。また、そういう傾向。「若者の内向き志向を嘆く」「内向きの発言に終始する」⇔外向 (そとむ) き

  1. 内輪のこと。家事。私事。「内向きの用を足す」

  1. 矢を弓につがえるとき、矢羽根の表が射手のほうに向くように矧 (は) いであること。また、その矢。⇔外向 (とむ) き