[名](スル)
  1. 内と外。ないがい。

    1. 「造り道十余町を見下して―に鳥居を立てたり」〈盛衰記・三三〉

  1. 奥向き表向き

    1. 「―につけたる執権の臣とぞみえし」〈平家・一〉

  1. 朝廷や貴人の家などに出入りすること。

    1. 「―許されたる若き男ども」〈・一二〇〉

  1. 仏語。内典外典 (げてん) また、内教外教 (げきょう) 

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース