• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内清外濁の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

乱れた世の中を生き抜く、処世術の一つ。心の中は清潔でありながら、うわべでは世俗にまみれて汚れたふりをすること。▽「内」は内面・心の中の意。「外」は外見に現れる部分のこと。あえて正義を主張するようなことはしないで、世俗との衝突を避け、心の中に清潔な心をしまっておくこと。
句例
内清外濁で世間を渡る
類語
和光同塵わこうどうじん