内田魯庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1868~1929]文学者。東京の生まれ。本名、貢。別号、不知庵。「罪と罰」「復活」などのロシア文学を翻訳・紹介。社会小説も連作。小説「くれの廿八日」、短編小説集「社会百面相」、文壇回顧録「思ひ出す人々」など。

内田魯庵の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京都台東区
生年月日
1868年4月27日 おうし座
没年月日
1929年6月29日(享年61歳)

出典:青空文庫