• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北村透谷による評論。明治26年(1893)「文学界」誌に発表。キリスト教的な生命の概念に基づき、封建的価値観に対置するものとして、近代的人間の内面の実存を強調。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉