[名](スル)人格・知識・技術などが円満に発達し、豊かな内容をもっていること。「円熟の域に達する」「円熟した人間味」

出典:青空文庫