• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

recursive call》プログラミング技法の一。コンピューターのプログラムを実行中に、あるルーチンや関数が自分自身を呼び出して実行すること。無限に自分自身を呼び出さないよう、正常に機能させる手続きを必要とする。階乗フィボナッチ数列の計算などに利用される。リカーシブコール。→再帰関数再帰プログラム