1. 対象物をあるがままに写して描き出すこと。

    1. 「人生の精確なる―ということを」〈抱月・文芸上の自然主義〉

  1. 物体から出た光線がレンズなどによって反射または屈折されたのち、集合して再びつくられる像。

  1. 数学で、二つの集合ABがあって、Aの各要素aBの一つの要素bを対応させる規則fAからBへの写像といい、fabと書く。

出典:青空文庫