• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 冕板 (べんばん) をつけたかんむり。また、かんむり。

    1. 「臣下は北面にして階下に―をうち垂る」〈太平記・二四〉

  1. いちばんすぐれているもの。首位。

    1. 「実に古今の―為 (た) り」〈童子問・下〉