• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

冠履倒易の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

人の地位や立場、また、物事の価値が上下逆さまで秩序が乱れているさま。本来頭にかぶるべき冠かんむりを足につけ、足にはくべき履くつを頭にかぶる意から。▽「倒」は逆さまになる意。「易」はかわる、入れかわる意。
出典
『後漢書ごかんじょ』楊賜伝ようしでん
句例
冠履倒易した人事
類語
冠履雑処かんりざっしょ 冠履転倒かんりてんとう 冠履倒置かんりとうち 本末転倒ほんまつてんとう
活用形
〈―スル〉