1. 元服して冠をつけた少年。転じて、若者。若輩。かじゃ。

    1. 「その―しかるべき所に宮仕へしける程に」〈今昔・二九・一一〉

  1. 六位で無官の人。

    1. 「匡房卿はいまだ無官にて、江―とてありけるを」〈十訓抄・一〉

  1. 召使いの若者。

    1. 「郎等―ばら、主の心を知りて恐れて是をとかず」〈略本沙石集・八〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉