《「こうぶり」の音変化》

  1. 頭にかぶるもの。特に、許されて直衣 (のうし) を着て参内する束帯衣冠などのときにかぶるもの。黒の羅 (うすもの) で作る。頂にあたる所を甲 (こう) 、前額部を額 (ひたい) という。後方の高い壺は髻 (もとどり) を入れる巾子 (こじ) で、その後ろに長方形の纓 (えい) (俗に燕尾 (えんび) という)2枚を重ねて垂れる。有文 (うもん) と無文の冠の区別があり、時代によって形式の変化がみられる。こうむり。かむり。かぶり。かんぶり。

  1. 漢字の構成部位の一。上下の組み合わせからなる漢字の上側の部分。「安」の「宀(ウかんむり)」、「茶」の「艹(草かんむり)」など。