1. 気がつかないうちに授かっている神仏の加護・恩恵。また、思いがけない幸せ。冥助 (みょうじょ) 。冥利 (みょうり) 。「冥加を願う」「命冥加」

  1. 神仏の加護・恩恵に対するお礼。

    1. 「薬代を―のためにつかはしたし」〈浮・永代蔵・六〉

  1. 冥加金」の略。

    1. 「この銀を…改めて尼御へ布施、せめて娘が―ぢゃわいのう」〈浄・歌祭文

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫