[動ラ五(四)]

  1. 光や音などが一面に澄みきる。隅々まで澄みとおる。「―・る青空のもと」「―・る笛の音」

  1. 頭の働きやからだの調子などがひときわはっきりする。

    1. 「彼らの頭は夜が来ると一様に―・った」〈横光・碑文〉

  1. 腕まえや手際などがひときわ鮮やかである。「―・った包丁さばき」

  1. 一面に冷えきる。

    1. 「立ち待つにわが衣手に置く霜も氷 (ひ) に―・り降る雪も凍り渡りぬ」〈・三二八一〉

出典:青空文庫