• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ四]

  1. 寒さが身にしみとおる。冷えきる。

    1. 「雪の降りたりし暁に立ちやすらひて、わが身も―・るやうにおぼえて」〈・幻〉

  1. 体温がなくなる。生気が失せる。

    1. 「ただ冷えに―・りて、息はとく絶え果てにけり」〈・夕顔〉