[名・形動]平凡で卑近なこと。また、そのさま。
  • 「事を―に取りて意を勧懲に発するに至れり」〈逍遥小説神髄