[動ガ五(四)]
  1. (凪ぐ)風がやんで波が静かになる。風波がおさまる。「―・いだ海」

  1. (和ぐ)気持ちが穏やかになる。なごむ。「心が―・ぐ」

[動ガ上二]
  1. 1に同じ。

    1. 「海つ路の―・ぎなむ時も渡らなむかく立つ波に舟出すべしや」〈・一七八一〉

  1. 天候が穏やかになる。よく晴れわたる。

    1. 「雲もなく―・ぎたる朝の我なれやいとはれてのみ世をば経ぬらむ」〈古今・恋五〉

  1. 2に同じ。

    1. 「天離る鄙 (ひな) とも著 (しる) くここだくも繁き恋かも―・ぐる日もなく」〈・四〇一九〉

[補説]「凪」は国字。

出典:青空文庫