[動ダ下一][文]づ[ダ下二]
  1. ある範囲や中から外の方へ動き移る。

    1. ㋐そこから外へ行く。「校門をでる」「社会へでる」「迎えにでる

    2. ㋑境や一定の限度を越える。「土俵から足がでる」「この線から前へないように」

    3. ㋒そこを離れてほかのところへ行く。いままでいたところから別のところへ行く。「旅にでる」「武者修行にでる

    4. ㋓卒業する。「大学をでる

    5. ㋔(たどって行って、結果として)ある所に行き着く。「左へ曲がると大通りにでる

    6. ㋕商品が売れる。はける。「この製品はよくでる

    1. ㋐その所、起点から移動を始める。そこから出発する。「今から駅をでる」「悪天候のため、連絡船がない」

    2. ㋑根源がそこにゆきつく。由来する。その源から血筋・系統を引く。「論語からた言葉」「平氏では、桓武 (かんむ) 天皇からた家系が有名」

    1. ㋐隠れていたもの、中に入っていたものなどが、表に現れる。現れて見えるようになる。姿を現す。「月がでる」「穂がでる」「穴からでる」「涙がでる」「だしがよくている」「貫禄がてきた」

    2. ㋑なくしたものが見つかる。「盗まれた自転車がてきた」

    3. ㋒ある作品や場面などに現れる。「ギリシャ神話にてくる美青年」

    1. ㋐ある仕事をするために特定の場所にのぞむ。行事、集まりなどに加わる。「会議にでる」「競技大会にでる」「子役ででる」「電話にでる

    2. ㋑ある活動をするために、特定の方面・分野にすすんで働きかける。「選挙にでる」「世にでる」「人前にでる

    3. ㋒ある態度をとる。ある態度で相手に対する。「下手 (したて) にでる」「高飛車にでる

  1. (掲示・掲載したり、ある所に持ち出したりして)広く人に知られるようにする。「テレビにでる」「全集がでる」「夜店がでる

  1. あらたに生じる。

    1. ㋐自然現象・出来事などがおきる。発生する。「霧がでる」「シロアリがでる」「水がでる」「犠牲者がでる

    2. ㋑地中から、産出される。「温泉がでる」「石油がでる

    3. ㋒勢いなどがうまれる。「熱がでる」「やる気がでる」「スピードがでる

    4. ㋓考えなどがうまれる。また、いろいろ考えて、ある結果がもたらされる。「妙案がでる」「結論がない」

  1. 与えられる。

    1. ㋐発令されたり、支払われたりする。「許可がでる」「ひまがでる」「ボーナスがでる

    2. ㋑もてなすために用意される。供される。「ごちそうがでる」「茶菓がでる

[補説]文語の下二段動詞「出 (い) づ」の連体形「いづる」が終止形としても用いられるようになり、それがさらに「づる」に変化し、この「づる」が下一段化してできた形。

出典:青空文庫