• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

出久根達郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1944~ ]小説家。茨城の生まれ。古書店主として、古本を題材にした小説を執筆。巧みな話術を生かして人間を描写する実力派として評価される。「佃島 (つくだじま) ふたり書房」で直木賞受賞。他に「無明 (むみょう) の蝶」、エッセー「本のお口よごしですが」「古書彷徨」など。

出久根達郎の解説 - SOCKETS人物データベース

茨城県出身の小説家、随筆家。杉並区で古書店を営むかたわら作家デビュー。1993年『佃島ふたり書房』で第108回直木賞受賞。
出生地
茨城県行方郡北浦町
生年月日
1944年3月31日(74歳) おひつじ座

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉